音楽や映画について書きます

愛聴した曲やアルバム、視聴した映画などの羅列 既存のネット上の情報がありますので文章は少なめで、動画は貼りまくりますので重さに注意

ラベル

★★★★★ (13) Album (18) Classic (3) Crossover (1) Fusion (3) Instrumental (2) Jazz (3) Live (2) New Wave (3) Orchestra (1) Piano (3) Pops (5) Rock (6) Techno (1)

ページ

検索

ページビュー

2016年8月6日土曜日

Any Summers / Earth + Sky

A.SummersのFusion系の他の過去の作品は"World Gone Strange"などもあるのですが、全体的に落ち着いた内容になってしまいます。 そこで 00年代(2004年)に発表された結構新しいことにチャレンジしてるアルバム "Earth + Sky"

ネット上にて "Earth + Sky" と "Earth & Sky" の "+" と "&" の混乱があるが、メディアを探してきて調べてみたら "+" ののほうだった。
近年流行のドラムンベースの楽曲で、生演奏DnBの特色の "Above The World" という曲が入っている。 "Return" も名曲

2016年7月30日土曜日

Billy Cobham / Crosswinds

フュージョン、フュージョンのドラム奏者のビリーコブハムによる作品
ネットで知った "Spanish Moss" という曲をCDで聴きたい(&所有したい)だけの為に購入。「世界の車窓から」でも使用されたみたいですね。"Heather" もなかなか良い

2016年7月29日金曜日

Chick Corea Elektric Band / Eye of the Beholder

あまり人に言えない動機が聴くきっかけだったんですよねぇ… Elektric Bandの限りでは前作 Light Yearsでグラミー賞を取っている。(取り違えて記憶してLight Yearsのほうが後の作品と勘違いしていた)

4~8曲目が良い、特に"Beauty"は魅惑的な曲。魅せられそう。

Electric Band 1枚目の"Side Walk"や2枚目の"Time Track"のような曲もかっこ良くて好きなんですけど、ELB作品中でも使用楽器をエレピやシンセから生ピアノに切りかえてるのが分かる範囲での特徴。全体的にこの爽やかさというか開放感があってとてもいいですねー。国定公園とか森に行って散策したくなる気分。

Chick Corea Akoustic Band として活動していた作品中の気に入った曲として、T.B.C. Terminal Baggage Claim がカッコいいので、ついでに埋め込んでおきます。RTFの存在迄は知っていたんですがマイルス・デイビスのバンドに在籍していたなど含め、Chick Coreaがどの位の質の方かというのを知ることが出来たのはネット時代になってからの恩恵が高いです。

映画のことも書くことにした

音楽のことだけだとすぐにネタ切れするだろうから映画についての投稿もすることにしたということで、ブログのタイトルを変更

ポリスについて、Roxanneの印象からというのとパンク色の強さからアウトランドズダムールは余り後の作品程良いと思ってなかったんですが、"Hole in My Life"と"Truth Hits Everybody" は熱くていいですね、ぼちぼちYoutubeとかで検索して聴いてしまう。

ギターのエフェクトで使っているのは歪み系とフェイザーでしょうか?
リズム構成の違う"Truth Hits Everybody"があったので埋め込みたかったのですが、頭出しが無理なようなのでリンクで

Squarepusher / Hard Normal Daddy

ドラムンベースで有名なSquarepusherのアルバム 2曲目のBeep Streetが熱いです。(ちなみにAmazonの商品頁の該当曲の題名が間違ってる気がします。)、他 生演奏のドラムの曲があったりして楽しめます。

Andy Summers / Charming Snakes

Andy Summers が初めて単独ソロ名義でガチFusionをやってみたアルバム(映画 2010やフリップとのコラボで同ジャンルの曲はありましたけどね)。とても飽きさせません。かっこいいです


記事を消してしまったようで再投稿